menu

会社設立を簡単に!委任状制度 - 名古屋の不動産に強い税理士ガイド

HOME » 名古屋の税理士 » 会社設立を簡単に!委任状制度

会社設立を簡単に!委任状制度

税理士

・会社設立手続きは委任状で簡単になる!?
会社設立の手続きを簡単にする方法として委任状を書いて、代理人に任せるという方法があります。
本業の準備に忙しい人はこう言った代理人制度を利用すれば、アドバイスを受けながら書類作成が出来たり、提出を代わりにやってもらうなど、大幅に労力を削減することができます。
そこでここでは、まず会社設立の基本的な流れを説明して、代理人制度の具体的な内容を説明したいと思います。

・会社設立の基本的な流れ
法人登記手続きをする流れについて説明したいと思います。
まず法務局に登記申請書を提出する前に公証人役場にて定款を登記します。
正式には定款の認証というのですが、これをすることによって会社のルールに法的効力が認められることになります。
定款の認証が終わったら今度は資本金を発起人の口座に振り込み、これを会社の資本金だという証明書を自分で作成します。
この書類のことを資本金払込証明書と言います。
この書類は後々法務局に提出する書類の一つとなりますので、登記申請書とまとめておくと良いでしょう。

・法務局での登記申請
さて次は、法務局で登記申請書類関連を提出することになります。
必要書類は登記申請書、発起人決定書、印鑑登録証明書、印鑑届出書、それと先ほどの資本金払込証明書などの書類です。
これらを提出したらひととおりは、登記の申請が完了したことになります。
実際に登記が完了するまでには、だいたい一週間前後かかりますので、それまで待つことになるでしょう。

・委任状による代理人制度とは?
会社設立の基本的な流れを見ると、提出する書類がたくさんあることに頭を悩ます人もいるでしょう。
こういった手続きに慣れていない人からすると、結構大変な作業です。
ただこれらの手続きは、代理人を雇うことで代わりにやってもらうことができます。
当然、代理ができない部分もありますが、大体の手続きは委任状を書いて代理人をたてることで、自分がやらなくてもその人に全て任せることができるのが、代理人制度というものです。
役所との手続きは、主に弁護士や司法書士もしくは行政書士、それらの資格を有した会計士、税理士などの専門職が対応してくれますので、手続きの代行をお願いしてみると良いでしょう。
委任状については、依頼した業者が作成をアドバイスしてくれるかと思います。
労力は半分以下になりますので、こういった大変な手続き作業は外部に任せた方がいいのかもしれません。