menu

会社設立で使う税理士の費用 - 名古屋の不動産に強い税理士ガイド

HOME » 名古屋の税理士 » 会社設立で使う税理士の費用

会社設立で使う税理士の費用

税理士

会社設立を考えているなら、それに関わる費用についても考えなくてはなりません。
特にその費用の中でも、大きくなってくるのが専門家への相談費用です。
近年は専門家も無料相談などを行っていますが、最終的に継続して相談していくこととなれば、当然のように費用はかかってきてしまいます。
専門家とはどういう人たちなのかというと、会社設立の場合は司法書士や行政書士、税理士などに相談することが多くなるでしょう。
もちろん、そういう専門家に相談すれば、費用はかかってしまいます。
ただ、具体的にどれくらいの費用がかかるのかについては、わからないという方も多いのではないでしょうか。
まずは、それらの費用についても考えていくべきです。
具体的には、会社設立の規模はもちろん、相談する内容によっても変わってくるので、具体的な費用の計算はできません。
ただ、会社設立の際には必要となってくる書類などもあるので、それらの費用も知っておくと便利です。

まず、専門家の中でも、メジャーな相談先となるのが税理士です。
税理士は会社設立の際にも、必要な手続きや申請に対して対応してくれます。
その際、費用としては数万円~数十万円必要となってくるでしょう。
これに関しては、相談する内容によって費用も変わってきます。
会社設立の際に必要となる手続きや申請を代行してもらう場合は、最低でも十数万円かかってくるのが普通です。
事実、会社設立には必要となる書類も多く、それらの手続きや申請で費用がかかります。
それとは別に、専門家に相談する際にはさらに費用もかかってきます。
だからこそ、事前に問い合わせてみるというのも良いです。
近年は費用も明朗なので、事前に相談してみて「今後も相談するなら、どれくらいの費用がかかるのか」ということについては相談しておいた方が良いでしょう。
見積もりとは言いませんが、事前に費用についても聞いておくと良いです。

近年は税理士の費用も事前に教えてくれるので、その上で契約するかどうかも決めていくと良いのではないでしょうか。
ちなみに、契約に関しては色々と使い方がありますが、税理士は会社設立後も頼りになることがあるので、直接契約しておく方が良いかもしれません。
もちろん、その場合にも費用はかかってくるので、その点は事前に確認してください。
また、税理士などはもちろん、他の専門家も費用はそれぞれ違ってきます。
そこも含め、事前の無料相談が重要となってくるでしょう。