menu

不動産を購入するのなら税理士に事前相談を - 名古屋の不動産に強い税理士ガイド

HOME » 名古屋の税理士 » 不動産を購入するのなら税理士に事前相談を

不動産を購入するのなら税理士に事前相談を

名古屋で不動産購入を検討されている方もいるでしょうが、税金対策についての戦略もしっかりと考えているでしょうか?
実は、不動産物件を購入してしまうと自分でコントロールできる部分というのは少ないもので、このことは税金についても同様のことが言えるのです。
つまり、名古屋で不動産購入を考えているのなら、購入前から税金対策をする必要があって、その為にも事前に税理士へいろいろと相談しておく必要もあるのです。

自分の税率が何%かということをあまり意識することはないでしょうし、実際に知らない方も少なくないと考えられます。
しかし、この税率というのは不動産を購入する上でとても大切なポイントになるのです。
実は、課税所得によって税率が15%〜50%と違ってくるので、物件を購入して利益が出ると、その利益に対して納める税金も大きく異なってくるのです。
つまり、名古屋で不動産を購入する場合には、誰に購入させるかということがポイントになってくるのです。
例えば、収入の少ない配偶者(奥様)の名義にするとか、法人で購入するとかした方が節税対策になる可能性があるのです。

税金の世界には事業的規模という基準があって、不動産賃貸業が事業と考えられる規模かどうかを判定する基準です。
その判定基準になるのが5棟10室基準というもので、戸建てなど独立した家屋なら5棟以上、マンションやアパートの部屋などが10室以上あるかどうかが基準になっているのです。
事業的規模になると青色申告特別控除という利益から引くことのできる控除が65万円になりますし、家族にお給料を支払うことも可能になるので節税することができるのです。

この点は不動産を購入する際のひとつの基準として覚えておく必要があることです。
また、居住用・店舗・事務所など物件の使用目的でも税金に違いが生じてくるのです。
ただ、こうしたことはなかなか素人では知らないことが多いので、税理士に相談して適切なアドバイスをしてもらうのが一番です。