menu

不動産の税金は例に挙げられる単純なものだけではない - 名古屋の不動産に強い税理士ガイド

HOME » 名古屋の税理士 » 不動産の税金は例に挙げられる単純なものだけではない

不動産の税金は例に挙げられる単純なものだけではない

名古屋で不動産を売却・購入したり保有したりする上で、不動産に関する手続が必要になることもあって、その為に必要な知識もあります。
また税金の問題も極めて重要になってくることで、例えば不動産が売却できたとしても税金についての知識がないために、その後の計画が狂ってしまうこともあります。
それから不動産の購入時に税金のことまで考慮していなかったことで、資金がショートしてしまうといったケースも少なくはありません。

このような事態を回避するためにも、事前に不動産の購入・売却時にかかる税金についてしっかりと理解しておくことが大事です。
それと共に、不動産に関する各種税金について相談できる頼りになる税理士がいることも重要なポイントになります。

では具体的に不動産に関連する税金にはどのようなものがあるのでしょうか?
例を挙げると、まず不動産を売却する時には、譲渡所得税・居住用財産の譲渡・事業用資産の買換え・固定資産の交換などがあります。
また不動産を取得した時にかかる税金は、印紙税・登録免許税・不動産取得税・住宅の新築や改修に係る所得税額の特別控除などがあるのです。
不動産を保有時における税金としては、住宅借入金等特別控除・固定資産税・都市計画税などがあります。
その他、不動産を贈与された時には贈与税が、不動産を相続した時には相続税がかかってきますし、不動産の賃貸と税金、不動産取引と消費税などについても知っておく必要があります。

不動産を相続した時にかかる相続税ですが、まず3,000万円+(600万円×法定相続人の数)といった計算式で基礎控除額が決まります。
そして相続財産の課税価格の合計額から先の計算式で求めた基礎控除額を差し引いた残額を法定相続人で分けることになります。
例えば、相続人が配偶者1人と2人の子供がいる場合には、各相続人の取得金額の分配は、配偶者が2分の1、子供がそれぞれ4分の1となります。
このような例を挙げると意外と税金も簡単と考えられますが、例のように単純なケースばかりではないので、税理士に相談する必要もあります。