menu

不動産に関する税金の節税を考えているのなら - 名古屋の不動産に強い税理士ガイド

HOME » 名古屋の税理士 » 不動産に関する税金の節税を考えているのなら

不動産に関する税金の節税を考えているのなら

不動産投資をすれば節税できると考えている方が名古屋にもいるでしょうが、ある一面では正解ですが勘違いという面もあります。
どういうことかというと、不動産物件を購入する前から節税は始まっているということで、不動産に関する税金は最初が肝心なのです。

そのひとつが所得税率で、不動産物件を誰の名義で購入するのかによって、物件から得られる利益に対する税率が大きく左右されるのです。
つまり、不動産物件を購入する前から決めておかなければならないことがあるということなのです。
また、減価償却費に影響する不動産物件の金額についても、最初に決定した建物金額は途中で変えることはできないので最初がとても重要になるのです。
これも何十年という期間の税金に影響することになるのです。

節税方法として大きな影響がある消費税還付についても、不動産物件を購入する前から準備しておく必要があります。
消費税は土地にはかかりませんが建物にはかかる税金で、しっかりと事前に準備をして還付申告すればほぼ全額還ってきます。
ただ消費税還付は改正に伴いかなり難しくなって、消費税還付申告ができる税理士も少ない状態にあると言われています。
しかし、逆に考えるとしっかりと申告できる税理士にお願いすると、適切に消費税還付が受けられるということです。
このように、名古屋で不動産に関する税金を節税使用と考えるのなら、購入する前から信頼できる税理士に段階ごとに相談することが大事なのです。

また節税するためには様々な税金の特例をうまく活用することも大事で、そのひとつが所得税の青色申告特別控除です。
この青色申告特別控除というのは、帳簿を付けることで最大65万円を、所得から控除してくれる特例で、これを上手く使えば節税することができます。
それから太陽光発電設備を取り付けた場合のグリーン投資減税というのも税額控除や特別償却ができる制度です。
このような税金の特例をうまく活用することができれば、効率的に節税することができます。
しかし、分からないことや気づかないこともあるので、節税できる仕組みについて熟知している税理士に相談してアドバイスを受ける必要があります。

税理士に相談するとかんたんに会社設立などもできます。